即日融資

今すぐお金が必要なら即日融資の消費者金融がおすすな理由

MENU

今すぐお金が必要なら即日融資の消費者金融

日常のちょっとしたピンチの時に、手軽で簡単にお金を借りる方法があれば便利だと思いませんか?
そんな方法があるのです。
それが、消費者金融です。
中でも、消費者金融の即日融資は、非常に役に立ちます。

 

しかし、いざお金を借りるとなったら、誰でも、なるべく少ない金利でお金を借りたいと思うはずです。
そんな方にとっては、銀行のカードローンは魅力的に感じることでしょう。

 

銀行のカードローンのメリットの一つに、銀行の低金利での借入が可能であるということがあげられます。
ところが、銀行のローンにもデメリットがあるのです。
それは審査に時間が掛かり、また通過も難しいということです。

 

確かに、銀行のローンの低金利は魅力的ですが、低い金利で多額の貸し付けを行う仕組みになっている銀行のローンを利用するためには、借りる側にも、しっかりとした信用が求められます。

 

つまり審査に通過するのは、そう簡単ではないということがいえるわけです。また、それだけに、時間を掛けてじっくりと審査する必要があるので、必然的に審査時間は長くなるのです。
これらのことからもわかるように、銀行のローンは、すぐにお金の工面が必要な緊急時には向いていないということがいえます。

 

その点でいえば、消費者金融は、日常的な緊急時には最適です。
なぜなら、消費者金融の審査はもっと手軽に済ますことができるからです。

 

元々、早期返済を想定している消費者金融は、銀行のように長期的にしっかりした信用が見込まれなくても、お金の貸し出しは可能なのです。
従って、審査に要する時間は短く済み、結果もすぐにわかります。
消費者金融の業界最速時間はなんと、30分。

 

これなら、即日融資も可能なわけです。
多くの消費者金融では、14時までに契約を済ませておけば、申し込んだその日に融資金が手元に入ります。
これだけ迅速に対応してもらえるのであれば、すぐにお金の工面が必要な時でも、役に立つことがおわかりでしょう。

 

ところで、消費者金融には、初めての利用者でも簡単に利用できるようなサービスをたくさん提供しているのは、ご存知ですか?
その利用方法の主な流れを簡単にご説明いたします。

 

消費者金融を利用するためには、まず申込を行います。
申込が終わると、審査が始まります。

 

申込をしても、誰もが借入をすることはできるわけではありません。審査に通過しなければ、消費者金融は利用できないのです。
審査に通過すれば、契約をすることができます。

 

契約の際に必ず決められるのが、利用限度額です。
これは、総量規制という法律に基づいて、消費者金融側が決定します。

 

総量規制は2006年から施行されている、貸金業法に付随している法律です。
この法律では「個人の借入総額は年収の3分に1以内に収めなければならない」と決められています。従って、利用限度額はこの法律に基づいて決定されなければならないのです。
契約後には、キャッシングカードが発行されます。キャッシングカードはほとんどの場合、無人契約機から発行されます。このキャッシングカードを使って、最寄りのATMから融資金を引き出すことができる仕組みになっています。

 

借入総額が利用限度額いっぱいになれば、それ以上の借入はできません。しかし、返済をすると、その分の限度額が復活し、再度借り入れができるようになります。
一度契約してしまえば、完済後も契約は継続します。

 

つまり、キャッシングカードさえ持っていれば、またピンチの時にはいつでもお金を引き出すことができるということです。
ですので、契約は維持しておいた方が便利でしょう。その場合には、そのカードの保管には注意が必要です。
これが、大まかな消費者金融の利用の流れです。

 

それでは、具体的な消費者金融の例をお話します。
業界最大手の消費者金融として名高いのは、アコムです。

 

現在では多くの消費者金融が提供している無人契約機によるサービスですが、これを初めて開発し、導入に成功したのは、アコムです。アコムの「むじんくん」が登場した当時は、そのコマーシャルも含めて、大きな話題を呼びました。

 

また、近年、業界に先駆けて始めているのは、無利息ローンのサービスです。
こちらのサービスは、初めての利用者の限定のサービスとなっています。

 

30日以内に返済できたローンは全て、無利息で利用することができます。
この無利息ローンは、プロミスでも同じように提供してます。

 

プロミスは、アコムと同等のシェア率を誇りながら、アコムよりも金利が安いことでも知られています。
プロミスで人気のあるサービスの一つとしては、「瞬フリ」というサービスがあります。

 

このサービスの最大の特徴は、振込のタイムラグがないことです。
365日24時間、最短10秒でいつでも振込ができます。

 

このサービスを利用するためには、三井住友銀行かジャパネット銀行の口座が必要になります。
そして、モビットは新しい消費者金融の代表としてよく名前があげられます。

 

モビットでは業界最短時間の30分の審査時間を可能にしています。
また、インターネットから申込を行うと、10秒で簡単に審査結果が表示できるサービスは人気があり、多くの人に利用されているようです。

 

モビットでは、2012年から「WEB完結型申込サービス」というものを提供しています。
こちらのサービスは、申込から返済までの全ての手続きがネット上でできることで、注目を集めています。

 

 

以上のように、消費者金融には便利で手軽なサービスがたくさん提供されています。
簡単で便利な消費者金融ではありますが、あまりに簡単にお金を借りることができてしまうので、必要以上に借りすぎてしまう傾向になるようです。

 

先にも申しましたが、消費者金融は早期返済を想定した金融機関となっているため、利子は決して安くはありません。

 

従って、多額の借金をして、借入期間が長引けば、それだけ支払う利子も多くなります。
また、返済に関しては、計画的なプランを立てることを心掛けましょう。

お金がないコラム

お金ってなかなか貯まらないものですね。しかも、あっという間になくなってしまいます。そんな世の中で生活しているのですから、いつ、お金を借りなくてはならないことになってもおかしくありません。
冠婚葬祭はその代表的な例です。結婚式はある程度、予定を組むことができますが、特にお葬式も関しては、来る時期を予測することは難しく、急な出費の対応に困ることが多いものです。

 

さらに、病気や怪我で、自分や家族が入院しなくてはならなくなった時などにも、その治療費は立て代えなければならないので、一時的であっても大きな出費となってしまいます。健康でなければ、働くことができないのでお金も稼げず、その後もしばらくは、お金に困ることになるでしょう。

 

また、急な転勤への対応にも、かなりの出費が掛かると予想されます。引っ越すとなれば何かと要り用ですが、その費用に関しては、会社から出してもらうことはできません。
それから、年度始めの新人歓迎会や、年末の忘年会に年始の新年会など、こういった付き合いの飲み会も、仕事以外の人間関係を維持していくためには必要です。そんな時には、かなりの臨時出費があり金欠になりがちです。